名称:Populate 2Dコンポーネント(別名Pop2D)
pop
場所:Vector > Grid > Populate 2D
機能:入力された長方形内にランダムで点を生成する

入出力端子

入力R:長方形を入力
入力N:生成する点の総数を入力
入力S:シード値
入力P:任意で以前から存在する点を入力

出力P:点群リストの出力

*入力Pはどのような意図で使うのかわかりません

使用例

ボロノイを使ってみよう


【書籍PR】Grasshopper入門
【書籍PR】Rhinoceros+Grasshopper建築デザイン実践ハンドブック
【書籍PR】AAD Algorithms-Aided Design. Parametric strategies using Grasshopper