Grasshopperの使い方

数学が苦手なひとが書くグラスホッパー解説ブログです。 基本的には、よく使われるコンポーネントの解説とシンプルな使用例を紹介していきます。 この分野は圧倒的にアクセス数が少ないのでモチベーションがでません。 のんびり更新していきます。

カテゴリ:初めての方向け

グラスホッパー上でいくらアルゴリズムを組んだところで、演算結果をRhinoに出力しなければ、Rhino上に結果が残りません。 例として、面の押し出しをグラスホッパーで組んだ例で見てみましょう。グラスホッパーでアルゴリズムを組んで、プレビューをRhinoのキャンバスに表示 ...

端子についてコンポーネントには両端、もしくは片側に端子がついている。左側を入力端子、右側を出力端子という。状態について データがない空の状態 選択された状態 エラーの状態 データが入った状態 データはあるが、非表示状態 機能停止状態 ...

動画による解説動画内ではグリップと呼称しているものがありますが、それらを入力端子、出力端子の言い方へ変更します。コンポーネントの配置コンポーネントの配置には2種類の方法がある。コンポーネントパネルのコンポーネントをドラッグし、キャンバス上でドロップするコン ...

Grasshopperの起動 Grasshopperの起動方法はRhinocerosの画面上部にあるコマンドプロンプトに『Grasshopper』と入力することで起動できる。*起動することが出来ない方は、インストールをしましょう。Grasshopper公式サイトから最新プラグインをダウンロードしインストール ...

↑このページのトップヘ