Grasshopperの使い方

数学が苦手なひとが書くグラスホッパー解説ブログです。 基本的には、よく使われるコンポーネントの解説とシンプルな使用例を紹介していきます。 この分野は圧倒的にアクセス数が少ないのでモチベーションがでません。 のんびり更新していきます。

タグ:Extrude

名称:Extrudeコンポーネント場所:Surface > Freeform > Extrude機能:曲線や平面の押し出し入出力端子入力B:曲線や面を入力入力D:方向を指示。ベクターを入力出力E:押し出し結果を出力使用例曲線の押し出しExtrudeコンポーネントを使用し、曲線を押し出す場合押し出す曲 ...

目的・趣旨正方形のサイズをNumber Sliderひとつで決定し、それに対し小さい円を自動で描画するようにする最後にそれら作成した曲線を用いて押し出し~ポリサーフェス化までを行う使用したコンポーネントParams>Input>Number SliderParams>Input>PanelMaths>Operators>Negati ...

目的・趣旨Vector XYZコンポーネントを使用し、XYZ値からベクター作成Circleコンポーネントで作成した円をExtrudeコンポーネントでベクターの方向&距離だけ押し出す 使用したコンポーネントParams>Input>Number SliderParams>Input>PanelVector>Vecotr>Vector XYZCurve>Pri ...

名称:Vectorコンポーネント場所:Params > Geometry > Vector機能:ベクターの作成、格納Rhinoceros上で始点と終点を指定することでベクターを作成することができる。また他のコンポーネントで作成した座標からベクターを作成することもできる。使用例Panelコンポーネントの ...

↑このページのトップヘ