Grasshopperの使い方

数学が苦手なひとが書くグラスホッパー解説ブログです。 基本的には、よく使われるコンポーネントの解説とシンプルな使用例を紹介していきます。 この分野は圧倒的にアクセス数が少ないのでモチベーションがでません。 のんびり更新していきます。

タグ:RemapNumbers

目的・趣旨Attractorと呼ばれる手法がGrasshopperにはあります。直訳すると引き寄せるとかなんとか…(よくわかりません)今回はAttractor Pointをつくり、点と円との距離を算出しリアルタイムで円のスケール操作をしていきます。使用したコンポーネントParams > Geometry > ...

名称:Remap Numbersコンポーネント場所:Maths > Domain > Remap Numbers機能:リストの数値を、ソースドメインとターゲットドメインの比率で補正する入出力端子入力V:数値を入力する(通常はリストを入れる)入力S:ソースドメインの入力入力T:ターゲットドメインの入力 ...

↑このページのトップヘ